住宅の重要な構成要素【エクステリア】について - KOMOREBI Houseの注文住宅
COLUMN

住宅の重要な構成要素【エクステリア】について

エクステリアとは

エクステリアとは庭や外壁など建物の外部空間(外観)を指す言葉で、家具を含む建物の内部空間を表現するインテリアの対義語としても使われます。

”家づくり”というと、間取りや内装のデザインを思い浮かべる方が多いと思いますが、エクステリアもこだわりの家づくりをするためには欠かせない要素です。

エクステリアの構成要素(外構)が指すもの

それでは、エクステリアを構成する外構とは、具体的に何があるのでしょうか?

(1)門扉・門柱

門扉とは出入口に設けた門の扉のことで、門柱とは門扉の横に設置される柱や壁のことです。ほとんどの場合は門柱に表札やポストを設置します。

(2)フェンス

フェンスとは柵、囲いのこと。外部から家の中が見えないよう目隠しとして活用したり、子どもが誤って道路側に飛び出ないようにしたりと防犯・安全対策としても活躍してくれそう。隣接する住宅との境界を分かりやすくするためにも活用されます。

(3)アプローチ

アプローチとは門扉から玄関まで続く通路のこと。アプローチの周りに花壇などを用意して植栽を楽しむ人も多いです。

(4)デッキ(テラス)

デッキやテラスは、どちらも家のリビングと空間的につなげると、外部リビングとしても楽しむことができます。木製のデッキをウッドデッキと呼びますが、こちらは室内だけではなくエクステリアでも自然素材を体感したい方にはおすすめです。

(5)カーポート・ガレージ

カーポートとは屋根と柱で構成された簡単な車庫のこと。一方のガレージは屋根と3方向以上の壁で構成されており、車を囲める駐車スペースです。

ガレージよりも簡易的なカーポートは設置が安価であることがメリットです。一方でガレージは、車をぐるっと取り囲むように設置するため車を直射日光や汚れから防ぐことができます。

(6)植栽

植栽とは庭やアプローチ沿いに植えられた樹木や草花のことです。住宅の外観とテイストを合わせることはもちろんですが、住宅を建てる土地や地域に合った植栽選びをすることも大切です。

(7)照明

エクステリアとしての照明は、玄関や門扉まわりにあると夜の家の雰囲気をがらりと変えてくれます。また、防犯対策として一役買ってくれるのも照明の大きなメリットです。夜になっても灯りがつかない真っ暗な住宅は侵入者にとって狙いやすい場所。玄関などの侵入されやすい箇所をライトアップしたり、人が近づくことで灯りがつく人感センサー付の照明を設置すると安心です。

終わりに

気になるエクステリア(外構)は見つかりましたか?インテリアだけではなく外構にも目を向けると、より皆様のこだわりの家づくりを突き詰めることができるかもしれません。是非一度、理想のエクステリアをイメージしてみてください♪

※KOMOREBI Houseではラインナップ豊富な個別相談会を開催しています!土地探しや資金計画、デザイン面などいまお持ちのお悩みからイベントをお選びいただき、30分からお気軽にご相談いただけます。皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

家づくりの相談もお気軽に!

【テーマ別】
家づくりの個別相談会
注文住宅の家づくりについてKOMOREBI Houseに相談してみよう!
テーマ別に相談窓口を設けているので、家づくりの進捗に応じたご不安や悩みごとを個別に相談してみませんか?
初回は30分〜/オンライン相談可能なのでお気軽に、家づくりの相談ができます!