快適に暮らせる土地の方角とは?東西南北のメリット・デメリット - KOMOREBI Houseの注文住宅
COLUMN

快適に暮らせる土地の方角とは?東西南北のメリット・デメリット

はじめに

マイホームを建てるにあたって土地の購入をお考えの方にとって、「土地の形状や方角」は気になるポイントだと思います。隣地との関係性や接道がどちらの方角か、プランニングするのに土地の形状や方角によって建物の日当たりや間取りに影響してきます。

南向きの家は、ほかの方角の家と比べて一日中日当たりが良いことが多く人気があります。しかし、実は全ての人にとって必ずしも南向きの家がベストとは限りません。お客様のライフスタイルによって適切な方角は異なりますし、家づくりの工夫によって方角による悩みは解消できるんです。今回は土地の方角別にメリットとデメリット(と、その解消法)をご紹介します!

01.【東向き】の土地の特徴

◎メリット
東向き土地のメリットは、午前中にかけて室内が明るいことです。日の光をしっかり部屋に取り込むことができるので、朝はすっきり目覚めることができます。また、西側に建物があれば西日が遮られるので、西日によって部屋が暑くなることが少ないのもメリットとして挙げられます。

◎デメリット
午後になると日当たりが悪くなり、「少し暗い」という印象を持つ方がいるかもしれません。ベランダに洗濯物を干したい場合は午前中だと乾きがいいのですが、夕方にかけては乾きが悪いかもしれません。午後洗濯することが多いという方は、家を建てたい場所の日当たりを見ながらベランダ位置を工夫するのがおすすめです!

∇東向きの土地が向いている人
・朝からしっかり活動したい人
・午後は外出していることが多い人


02.【西向き】の土地の特徴

◎メリット
午後の日当たりが良いのが西向き土地の特徴。朝の光が入りずらいため、朝ゆっくり起きたい夜型の方や、午前中に家にいることが少ない夜勤の方には過ごしやすい土地と言えます。

◎デメリット
西日の暑さが厳しいうえに、まぶしいと感じることもある西側。暑さが苦手という方は、遮光カーテンや窓の外で日差しをカットしてくれる外付けシェードを採用して、西日の侵入を防ぐなどの工夫でお悩みを解消できます!また、窓を小さくすることでも対策でき、こちらは普段子供が一人で家にいることが多いご家庭では防犯対策としても有効です^^

∇西向きの家が向いている人
・日中は外出していることが多い人
・仕事が夜勤で夜型の生活の人
・カーテンを開けて生活することが少ない人
・窓を大きく取らずに防犯対策したい人


03.【南向き】の土地の特徴

◎メリット
南向き土地は、なんといっても日当たりが良いのが最大のメリットです。南面に軒を出すことで、太陽高度が高い夏は強い日差しが入りにくく、低い冬はやわらかな日差しが部屋の奥まで入り込みます。こうした一工夫で1年を通じて快適な住まいをつくることができます。

◎デメリット
南向き土地は他の方角と比較して人気があるため、価格が高い傾向にあります。共働きで日中は家に誰もいないご家庭や、ほとんどカーテンを閉めて過ごしているという方は、せっかくの南向きのメリットを感じずらいかもしれません。その場合は、南向きではなく他の方角の土地を選択することでコストを抑えるという選択をするのも良さそうです。

∇南向きの家が向いている人
・リモートワーカーや専業主婦など、日中の在宅時間が長い人
・寒さが苦手で暖かい部屋を重視したい人
・洗濯ものの量や頻度が多く、ベランダに干したい人


04.【北向き】の土地の特徴

◎メリット
冬の寒さに注目されがちな北向きの土地ですが、夏場は涼しく冷房代を抑えられるのが大きなメリットです。安定した光が供給されるので、まぶしすぎたり暗すぎることがなく、自然光による自宅での作業では不便を感じることなく集中できそう。

また、建築基準の高さ制限が緩やかなのも北向きの特徴。建築基準法の一つに北側の隣家の日当たりを確保するための「北側斜線制限」というものがあり、南側からの採光を考慮して北側に面した部分に高さ制限が設けられています。しかし北向きの土地では北側に道路が来るため、北側に家が建つ南向きや東向き、西向きの家よりも斜線制限の影響を受けにくいことになります。

◎デメリット
北向き土地は日当たりが悪く、冬は寒いのが特徴。湿気にも要注意です!ただ、南北に細長い土地なら南側に吹き抜けを設けたり、中庭やトップライト(天窓)、2FにLDKを設けることで北向きでも光をしっかり取り込む造りにすることができます!湿気対策としては、換気をしっかりするなど通気性のよい家づくりをすることが重要です。

∇北向きの家が向いている人
・建物にこだわる分、土地の購入金額を抑えたい人
・日中家で作業することが多い人
・光の影響を嫌う仕事や趣味をする人
・インテリアの日焼けが気になる人


05.まとめ

このように、家の方角は快適な住まいをつくるうえで重要なポイントとなります。自分に合っていそうな方角は見つかりましたか?デメリットが目立つ方角でも、工夫によって悩みを解消できることもわかっていただけたかなと思います!
方角と共に土地の形状もチェックしておくといいでしょう。例えば、北向き・南向きの土地で南北に長い形状をしていると、東西に面した壁の面積が大きくなり、外壁の素材や窓の近くに配置しているインテリアによっては日差しの影響を強く受けてしまうことも。間取りなどの工夫によって方角ごとのデメリットを感じさせない住宅につくりあげることができるので土地の方角についてお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください!

個別相談会のご予約はこちら


家づくりの相談もお気軽に!

【テーマ別】
家づくりの個別相談会
注文住宅の家づくりについてKOMOREBI Houseに相談してみよう!
テーマ別に相談窓口を設けているので、家づくりの進捗に応じたご不安や悩みごとを個別に相談してみませんか?
初回は30分〜/オンライン相談可能なのでお気軽に、家づくりの相談ができます!